名探偵コナン(アニメ)17年前と同じ現場

あらすじと見どころ

 ↓あらすじはこちら↓
17年前と同じ現場(前編)
17年前と同じ現場(後編)

見どころ

・羽田秀の義理の兄の羽田浩司とは?

・APTX4869を飲まされた人物リスト

・17年前の現場に残された文字(PUT ON MASCARA)の秘密とは

・浅香とは?

感想

今回は、昴さんが活躍する回ですね。なので、赤井秀一の事件簿というカテゴリーにしております。

哀ちゃんから、煮込みが足りない=会話を盗聴しているのではないかと疑われる昴さん、煮込みなおしておいてと切り返すあたりはさすがです。

また、実は意外と煮込みが足りないといわれたのがショックだったのか、哀ちゃんがストラップをなくしてへこんでいる事件では、リベンジとばかりにしっかりと煮込んでおすそ分けにきます。修学旅行編の前の話ですが、早く放映してほしいです。

スポンサーリンク

最終的に、今回の事件はサクッとコナン&昴が解いてしまうわけですが、この事件のトリックをヒントに17年前の事件(羽田浩司殺害事件)の文字の謎をコナンと昴が解き明かします。

一緒に解くわけではなく、別々に解いてASACAとRUMであるという結論(同じ結論)に至っています。

しかし、新シリーズで明らかになった結論からするとこの推理はミスリードだったわけですね。

や~ら~れ~た!

ちなみに浅香(ASACA)というのは、羽田浩司と同じホテルで死んでいた資産家アマンダ・ヒューズのボディガードで、その日以来姿を消している人物のこと!

浅香=メアリーではないか?

浅香=若狭先生ではないか?という声も出ているようです。

RUMはこの後しばらくして3人ほど候補があがってきますが、現時点では特定されていません。

アニメだと3人の候補のうち、現時点で黒田管理官しかまだ登場していません。

若狭先生と脇田さんの登場はもうしばらくお待ちください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする