名探偵コナン(アニメ) さざなみの魔法使い(前編・後編)

<あらすじと見どころ>

↓あらすじはこちら↓ 

さざ波の魔法使い(前編)

さざ波の魔法使い(後編) 

見どころ

この話の見どころは、赤井秀一と工藤新一(少年)の初共演でしょうか。

工藤新一、毛利蘭、世良真純の小さいころがかわいいですね。

新一は当時から生意気だったようですけど(笑)。

世良ママ(大人メアリー)の水着姿もあって、いつも世良ちゃんが言っている「そのうち、(胸も)ボーンと出てくる予定さ」というセリフの説得力も増しましたね。

また、工藤優作の電話での登場により、まだ無名だった赤井の推理力の高さも証明されています。

そして、前回と今回で今まで小出しにされてきた世良ちゃんの家族が確定になります。

といっても、前回のエンディングの登場人物で

メアリー:田中敦子

羽田秀吉:森川智之

となっていたので、後編まで隠すつもりはなかったようです。

というか11月4日放映の「試着室の死角(後編)」のエンディングですでに名前が出ていたような気が・・(笑)。

ということで、世良ちゃんの家族は

父親=赤井務武 生死不明(遺体は発見されていない)

母親=メアリー(領域外の妹)

一番上の兄=赤井秀一(現在は主に沖矢昴として活動) 秀兄(しゅうにい)と世良ちゃんは呼んでいます

真ん中の兄=羽田秀吉(太閤名人) 兄ちゃん(きちにいちゃん)と世良ちゃん(当時)は呼んでいます

ということになりますね。

感想

今回の回は、漫画では92巻に掲載されています。

92巻の巻末には、赤井ファミリーの年表も!

スポンサーリンク

ちなみにこの話の前になりますが、91巻には、怪盗キッドの話と若狭先生初登場の話が掲載されています。

しかし、アニメではまだ放映されていません。

RUM候補の若狭先生の初登場はいつになるのでしょうね?

それと、工藤新一(少年)が登場するときにいつも思うのですが、

他の方は、子供時代でも同じ声優さんなのに、

工藤新一(少年)だけ声優はコナンの高山みなみさん

なんですよね。

黒羽快斗(少年)の声優は、キッドと同じく山口勝平さんなので、声変わりの問題ではなくさすが主人公というところでしょうか。

その他、今回の話と関連して残る謎としては

・世良がコナンを魔法使いと呼んでいる本当の理由

→赤井秀一を笑わせたこと=魔法使いと呼んでいる理由というように解釈もできるが、それだけではないかも。。

・赤井務武の生死

→赤井秀一自身が死亡したことになっているように、赤井務武もまた生きている可能性がありますね。

・上記以外の世良の家族

→宮野明美と宮野志保(=灰原哀)と世良はいとこ?

※イベントで作者が肯定したという話もあるようですが、少なくとも現時点では漫画(原作)でも確定していません。

・RUMの正体とメアリーとの関係

→現時点では、漫画(原作)でも詳細は分かってないようです。

これから徐々に明らかになっていくようなので、楽しみに待ちたいと思います。

なお、アニメと漫画を読んだ限りでは

・世良は、コナン=工藤新一と知っているようだが、その理由はまだ不明

・世良は、赤井秀一=沖矢昴と知らない(赤井秀一は死んだと思っている)

・赤井秀一は、コナン=工藤新一と知っている

・羽田秀吉は、コナン=工藤新一と気づいているかはわからない

・世良は羽田秀吉が将棋で有名な太閤名人であることを知らない(メアリーと赤井秀一は知っている)

という状況だと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする