名探偵コナン(漫画)万馬券の行方

あらすじ

<第1話>

なぜかよくわからないが、偶然にも万馬券を手にした小五郎は、お祝いということでコナンと蘭とともに「米花いろは寿司」に!

そこには、「眠りの小五郎」の大ファンだという板前で左目に眼帯を付けた脇田兼則がいた。

小五郎の解決した事件の話で脇田や小五郎が盛り上がっていたところ、「米花いろは寿司」に聖沢鈴代が血相を変えて飛び込んでくる。聖沢はスマホのGPSを使って、トイレにあった自分のポーチを発見。

電車に乗っていたときに刷られたこのポーチには、中に100万円が当たった万馬券が入っていたとのこと。

<第2話>

被害者の聖沢によると犯人の左手の白いシャツの袖口には赤い血があるとのこと。

小五郎たち以外の客は、

・初めて来た原島常貴
・何度か来たことがある宗近為重
・常連の芦野捺芽

だが、誰のシャツの袖口にも血はついてなかった。
3人の中に犯人がいると思った脇田は、誰が犯人か小五郎に推理勝負を申し込む。

<第3話>

脇田に疑われた原島は持ち物を出す。

蘭もたまりかねて小五郎が万馬券を持っていることを告白するも、小五郎が持っていた万馬券は聖沢が盗まれたものではなかった。
容疑者が帰ろうとしたため、眠りの小五郎登場。

スポンサーリンク

見事に事件解決。
脇田は小五郎の弟子にしてほしいと願い出てこの話はいったん終了。

感想

ついに3人目のRUM候補の脇田兼則さんが登場です。
探偵の弟子になる話が安室さんの時とやや似ているような・・。
小五郎に近づくためにわざと見当違いの推理をしたとも考えられますね。

さて、これで、黒田、若狭、脇田というRUM候補が出そろったことになります。
RUMは誰なんだ?いったい?

ちなみに黒田と若狭は右目、脇田は左目が義眼の可能性が高いため、RUM候補とされています。93巻の巻末でラムの候補はこの3人という紹介がされているので、それ以外の人ということはなさそうですね。

ちなみにバーボンのときも似たような話でしたね。

バーボン候補は
・安室透
・沖矢昴
・世良真純

の3人。

結局、
・安室透:小五郎に弟子入り、バーボン(黒の組織)。赤井秀一を恨んでいる
・沖矢昴:コナンとグル。赤井秀一だった
・世良真純:コナン=新一だと知っている可能性あり、赤井の妹だった。

わけですが、これと同じ構造だと考えると

・脇田兼則:小五郎に弟子入り。左目に眼帯。
・若狭留美:黒田と因縁ありそう。右目が見えていない。
・黒田兵衛:若狭と因縁ありそう。右目がつぶれている。

あ~まったくわからん・・。
あとで整理しよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする