名探偵コナン(漫画)紅の修学旅行 第1話&第2話

今回から修学旅行編です。
新一、平次、世良、紅葉、和葉、沖田などが登場します。
いろいろなシーンでいろいろな人の目が点に・・・
哀ちゃんのあまりイチャイチャしないこと(笑)といういいつけもわかるような・・・。

スポンサーリンク

あらすじなど

↓事件の内容はこちら↓

紅の修学旅行

<第1話>

蘭:無理、無理、無理、無理・・・勘弁して~!!

園子:なによー!せっかくこの園子様が・・ラブラブショットを撮ってあげようってーのに・・・

<蘭と新一のツーショット写真(カラー)>

世良ちゃんと新一(コナンとしてではなく)は、さざ波以来10年ぶりになりますが、世良ちゃんは新一の登場をものすごく怪しんでいる様子。

そして、新一が告ったことを知っているクラスのお友達(笑)。園子が言いふらしていたことが判明。

コナンも哀ちゃんから薬をもらって新一として参加できたことがわかります。

前回ストラップを取り戻そうと頑張ったコナン君、哀ちゃんの心も動いたようです。

まあ、言いつけはいくつかあるのですが・・。

~清水寺~

園子:んで?新一君に告白の返事はしたの?

蘭:ま、まだだけど・・・

園子:だったら、マジでここでブチューってやっちゃいなさいよ!清水の舞台から飛び降りる気分でさ♡

蘭:そんなのできるわけないでしょ!?

などとラブコメ満載のセリフとともに有希子の友人の女優の鞍知景子登場。

脚本家の西木太郎の元に届いた暗号を解いてほしいと依頼される新一。

蘭、世良ちゃん、園子とともに景子の部屋に行き、新一が暗号を受け取った直後に事件発生。

しかもやっぱり殺人事件!

<第2話>

事件を調べる新一と世良ちゃん。

京都府警の綾小路警部が来るという連絡が入る。

世良ちゃん:京都府警の綾小路警部ねえ・・

新一:その人ならシマリスを連れてる妙な警部だけど・・割と切れる人だから心配ねえ・・・ぜ!?

新一の薬の効果が切れ始めます。

新一部屋に戻って布団にもぐると同時にコナンに!

ベッドの下にいる平次と入れ替わります。

中道:そうそう寝る前に、ロンドンで毛利に告ったときの話を聞かせろよ!~(中略)~チューとかしたのか?

平次:(新一の声で)オゥ!もちろん一発かましたに決まってるやろ?ボケ!!

中道:な、何で関西弁?

平次:郷に入っては郷に従えや!お前らも関西弁使えるようになっとけよ!

中道:あ、オゥ・・・

スポンサーリンク

新一の友達:チューしたのかー・・・

新一の友達:いいなー・・・。

ちなみに薬をもらう条件として哀ちゃんからいくつけ言いつけられております。コナン君。

1 薬の効果が切れたらすぐに次を飲まずに8時間は間を空ける事!

2 幼児化している間は周囲の人に気づかれない対策を何か立てる事!

3 元の工藤新一の体に戻ったら目立つ行動は避ける事!

4 あと、あんまりイチャイチャしない事!

まあ、4つ目は哀ちゃんの希望というかおまけだったようです(笑)

一方事件現場では綾小路警部登場!

世良ちゃん、ほんとにシマリスを連れてる警部を見て目が点になっております。

翌朝、コナン君が新一に戻ったところで景子から連絡あり。

なんと!阿賀田の部屋に巨大な天狗が出現。だが新一と平次が行くと火を噴いて消えてしまった。

第1話&第2話感想

今回のお話は全6回、94巻には第4話まで掲載されています。

第1話と第2話は事件あり、ラブコメあり、久々の新一登場回ということで哀ちゃんの言いつけ、コナン=新一とほぼ確信している世良ちゃん、新一の強い味方平次君、そして新一とは初対面だが、なぜか新一君によく知られている綾小路警部登場ということで盛りだくさんです。

綾小路警部は漫画だと初登場でしょうか。個人的には、アニメのほうがシマリスがかわいい気がします。

いずれは、ぜひアニメで昴さんと共演してほしいですね。

園子も含め、新一の友達がチューにこだわっているのもちょっぴりほほえましいです。

中道君は、久しぶりの登場ですね。

キールが入院していた病院で中道君が本堂瑛祐をかくまっていたのははるか昔のことのような気がします。

ほかのお友達はみたことがあるようなないような・・

哀ちゃんの言いつけの4つめ、言いたくなる気持ちはわかります。

第3話と第4話では

・コナンの真似をついしてしまう新一君

・紅葉さんと沖田君登場!2人はクラスメートであることが発覚

・テレビにばっちり映って仮病が和葉にばれる平次君

・コナン=新一についてかまをかける世良ちゃん

・ロンドンでディープキスしたことにされている蘭ちゃん

などなどさらに見どころが満載です!

↓第3話&第4話の感想はこちら↓

紅の修学旅行 第3話&第4話

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする