名探偵コナン(アニメ)霊魂探偵殺害事件(前編・後編)

あらすじと見どころ

↓あらすじはこちら↓

霊魂探偵殺害事件(前編)

霊魂探偵殺害事件(後編)

見どころ

・小五郎を眠らせたものの蝶ネクタイ型変声機を落としたことに気づくコナン。誰が事件を解決するのか?

・領域外の妹と世良の関係は?

感想

今回はコナン君が変声機を落としてしまい、(コナン君の)眠りの小五郎推理ショーができません。

代わりに変声機を使って推理ショーをしたのはなんと領域外の妹(メアリー)。

その独特の口調は、いつもの小五郎とは異なるものの、赤井や世良の母親だけあって推理力は抜群です。

コナンの代わりに眠りの小五郎の推理ショーを行い、事件を解明します。

コナン君と異なり、高木に向かって「馬鹿かお前は・・」とバッサリ切るところも見どころです。

スポンサーリンク

また、世良の質問に対し、「真純・・」と答えたり、世良が「ママ」と呼んでしまったことから、

領域外の妹が世良の母親であるメアリーであることが明らかになります。

まあ、前編のあらすじですでに

「403号室に泊まっていたのは世良真純だった。世良は部屋に誰も来ていないと証言する。部屋では小五郎たちに気付かれないように世良の母親、メアリーが身を潜めていた。」

と書かれているので、後編で行われる推理ショーを待たずに領域外の妹=世良の母親メアリーであることがわかってしまうのですけどね・・(笑)。

最後にメアリーとジンが別々に

「暗がりに鬼を繋ぐが如く・・」

と言っているのが気になります。

また、世良とメアリーはコナン=工藤新一と知っていることが確定します。

なぜ知っているのかまでは現時点ではまだ明らかにされていません。

楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする