名探偵コナン(アニメ)緋色の序章・追求・交錯

あらすじと見どころ

↓あらすじはこちら↓

緋色の序章

緋色の追求

緋色の交錯

見どころ

・楠田陸道にこだわる安室の真意とは?

・安室透、バーボン2つの名前を持つ男のもう1つの顔とは?

・ゼロのあだ名の意味とは?

・キール奪還の際にコナン(と赤井)が練った計画の全貌とは?

・赤井がキールに撃たれた時のセリフ「まさかここまでとはな・・・」の本当の意味とは?

感想

今回は、ジョディの友人の夏子先生が襲われた事件ですが、事件はコナンと安室の活躍で無事解決となりました。

というか、実際に起こった事件はどうでもよい展開です(笑)。ストーリー的には、どうでもよい位置づけの事件だけに殺人事件でなくてよかったです。

楠田陸道が拳銃自殺したことをつかんだバーボン。

キャメルさん、またやってしまいました。ドライブテクニックはすごいんですけどね。

また、この話で安室さんが公安の人間ではないかという疑いをコナン君が持っていることが明らかになります。

バーボンに真相を明かすか悩むコナン君。

家に戻って博士とこそこそ対策を立てた様子。

他方、バーボンは赤井の「まさかここまでとはな・・」というセリフに隠れた意味があることを突き止めます。

スポンサーリンク

赤井が実は生きていると確信しているバーボン。調査の上、昴さんのところまでたどりつきました。

安室さんの公安のお仲間は漫画だと怪しい人物がスーツを着ている感じですが、アニメだと上品な私服警官という感じでしたね。

原作は、映画のスナイパーと同じ時期で昴の「了解」が先行、赤井の正体が少年サンデーの連載で明らかにというタイミングだったことをよく覚えています。なので、映画「純黒の悪夢」で登場した風見さんの姿は残念ながらまだ見当たりません。

さてさて、コナン君と昴さん(赤井さん)はこのピンチをどう乗り切るのでしょうか?

ちなみに、DVDだと今回の事件発生から赤井の正体が明かされるところまで、1巻で全部掲載されています。

先日、購入済みのものを久しぶりに見ましたが、途中で止めることができずやはり最後まで見てしまいました(笑)。

興味ある方はこちらからどうぞ。

↓こちらをクリックしてDVDを購入する↓

スポンサーリンク