名探偵コナン(アニメ)新任教師の骸骨事件(前編・後編)

前編

あらすじ

コナン達のクラスの担任の小林先生が新しく副担任となった若狭留美先生を連れてやってくる。

若狭先生は昼休みの間に石灰でドッジボールのラインを引こうとするが、石灰がないとのことだったので、コナンは石灰があるかもしれない古い倉庫に一緒に行ってあげることに。

倉庫の扉を開けて真っ暗な室内に入るコナン達。ライトを照らして進むと、歩美ちゃんが古い時間割表を拾う。

しばらくすると地下への扉を見つけたので、扉を開けたところ、階段下の跳び箱の前で白骨遺体が・・・。遺体は右手に中国語のような文字が書かれたハチマキを握っていた。

コナンは遺体の状態から10年くらい前に亡くなったものと推理する。

事件のために5時間目が自習になると、コナンたちはハチマキの暗号解読(スキュタレー暗号)に取り掛かる。倉庫の扉の取っ手に巻きつけた事を想定して文字を読もうとするが簡単には解読できない。
しかし、コナンは若狭が誤って時間割を破ってしまった姿を見て、歩美が倉庫で拾った古い時間割表の事を思い出す。

コナンは果たして暗号を解読できるのか?

見どころ

・ついに若狭先生登場、声優さんは?
・コナン君のセリフ(入学式で校長先生が・・・など)に対する少年探偵団のナイスな突っ込み
・スキュタレー暗号とは?

前編感想

今回の話は漫画版「時を超えた暗号」の話になります。

漫画版の感想はこちら↓
名探偵コナン(漫画)時を超えた暗号

ついに若狭先生が登場しました。

声優は「平野文」さん、ん?どこかで聞いたような・・・。
なんと、うる星やつらのラムちゃんの声優さんです!

絶対わざとだ・・・(゚д゚)!

それにしても若狭先生何者なのでしょうか?
時間割を破いてコナンにヒントを与えるなど怪しい行動も目立ちます。

また、コナンの「10年前からねえよ」発言には哀ちゃんが横からひじでつついて「ううん」と咳ばらいをしていましたね。漫画ではなかったような・・。
「入学式にいませんでしたよね」という光彦・元太の容赦ない突っ込みもナイスでした!

後編

あらすじ

解読表と照らし合わせて暗号を解読しようとするコナン。
しかし、解読してみると「すまほめう、そねあれた。えぶえむあ」という意味の分からない呪文のような言葉だった。

スポンサーリンク

古い倉庫に再び行く和香さん先生とコナン達少年探偵団。
行ってみると室内が荒らされている痕跡が・・。
警察が引き上げた後に誰かが来たのではないかという哀ちゃん。

何者かがネットニュースを見て、この倉庫に何かを探しに来たと推理するコナン。
若狭先生の好きなウイスキーを飲めばエビス顔で寝られるという言葉をヒントにコナンは見事暗号を解くことに成功!
暗号には「ワケマエハ、ヨウイシタ。スグニコイ」と書いてあったのだ。

強盗犯3人をおびき寄せるため罠を張るコナン達。
白鳥警部も登場し、うまく2人を罠にはめるも3人目に気づかず、気絶させられる白鳥警部。

犯人は少年探偵団を順番に地下室に閉じ込めようとし、最後に若狭先生を閉じ込めようとするもお約束のドジキャラなのか、若狭先生は地下室に閉じ込められそうとなる瞬間滑って転んでしまう。

しかし、それは・・・

見どころ

・若狭先生のデビルモード
・暗号解読
・小林先生と白鳥警部の全然進んでないような進んでいるような恋仲

後編感想

若狭先生の「好きなウイスキーを飲めばエビス顔で寝られる」というヒントで暗号を解読できたコナン!

暗号は「ワケマエハ、ヨウイシタ。スグニコイ」だったんですね。

それにしても、若狭先生はすでに暗号表を解読していたのでしょうか?
しかもコナンの力量を見て誘導しているようです。
誘導の仕方が優作クラスの印象を受けるのは気のせいでしょうか。
もしそうなら、コナン以上の頭脳の持ち主ということになりますね。

そして、ついにデビルモード若狭登場です!
トンボを足でけって回すあたりはアニメならではの演出ですね。
おお-と思いきや、「此の世を離れる覚悟だよ!」と言って、エンディングに入ってしまいました。

おい、そこで切るのか(゚д゚)!という感じです。

今回後編だったので、エンディング後にいつもよりちょい長めの続きが流れるのはお約束ですからよかったですが、前編で同じようなところで切られたら・・・コナンファンのうちの奥さんが暴れます(笑)。

エンディング後の小林先生の「どうして私を誘ってくれなかったんですか?私は少年探偵団の顧問なんですよ」には、さすがの若狭先生も目が点に・・・。でも漫画だと左目だけ目が点ですが、アニメだと両目が点に、その後右目が点になってました。

えーと、あれ?若狭先生は右目が見えない設定だったような・・(笑)

そして、べ、別に白鳥さんだからというわけではないですよ、高木さんでも千葉さんでも佐藤さんでも・・と徐々に声が小さくなりながらつぶやく小林先生。
白鳥警部との仲はまだまだこれからのようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする