名探偵コナン(アニメ) 星付きレストランの謎

あらすじ

湖畔にあるクッチーナ・エイゴにやってきた小五郎、蘭、コナン。

小五郎たちが入店すると、テーブルの1つには始まったばかりらしい5人分のディナーがあるも客たちの姿は見当たらない。

有名な未解決事件であるメアリー・セレスト号事件のような状況であると感じる小五郎とコナン。

カウンターには、オーナーシェフの口石が頭から血を流して倒れていた。るを発見する小五郎とコナン。

裏口のドアには「呪」と書かれた紙が貼られ、5人の足跡が10m先の湖に続いていた。

1時間前に来店したのは恩田交易役員の加納幸三と江国光代、社員の佐原徳郎、 池谷一樹、真中香織。
現場の状況にいろいろと違和感を抱くコナン。

スポンサーリンク

その後、店のブログに「呪」の紙がアップされている事に気付く蘭。

口石は姿を消し、キッチンの冷蔵庫には同じ「呪」の紙が貼られていた。

コナンは2枚の「呪」という貼紙の裏に注目、重ねると地図になることに気づき、口石が所有する倉庫を見つける。

倉庫の中には縛られた5人がいた。

翌朝、貸金庫サービスにやってきた恩田交易の社長のもとにナイフを手にした口石が現れるが、タイミングよく小五郎と目暮が到着。

コナンによる眠りの小五郎の推理ショーが始まり、事件解決。

感想

今回はアニメオリジナルの話ですね。たぶん。漫画で見た覚えないし・・。

結構面白かったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする