名探偵コナン(アニメ)妃弁護士SOS(前編)(後編)

小五郎がコナンが英理のために奔走!
蘭の空手も炸裂
久々に新一=コナンと疑われる回でもあります。

スポンサーリンク

前編

あらすじ

映画を観に行こうとする小五郎、蘭、コナンのところ(蘭のスマホ)に妃英理からメッセージアプリで連絡がある。

栗山のいたずらかもということで、新たな英理のアイコンも同じグループに入れる蘭。
ところが、メッセージは「悪い奴らに捕まっている。警察に連絡して」という内容だった。

英理が事務所から何者かにさらわれたと察する小五郎たち。
しかし、その直後にすでに登録してあった英理のアイコンから「ウソウソ!冗談よ!」というメッセージが届く。
いつもの英理のアイコンが偽者で、アイコン設定なしが本物の英理と推理する小五郎。
しかし、いつもの英理のアイコンも設定なしに変更されてしまい、どちらのメッセージが本物の英理かわからなくなってしまった

~2時間前 ~

妃弁護士事務所を妃英理被害者の会と名乗る男3人が襲撃。
男たちはスタンガンで英理と栗山を襲う。
気を失った英理はスーツケースに押し込められ、車で廃ビルに連れて行かれてしまった。

廃ビル到着後、トマトジュース作戦で、英理はスーツケースを開けさせ、男の1人からスマホを奪って逃走する。
しかし、シャッター、ドアが閉まっていたため、英理はビル4階に移動し、引き出しのロッカーの中に隠れる。

~再び現在~

声を出すと隠れている場所が男たちにわかってしまうため、警察への電話は断念する英理。
そこで、メッセージアプリを使って蘭に助けを求める事にしたが、英理が娘と連絡している事に気付かれてしまう。

コナンはこのままチャットを続ければ、偽者がボロを出して英理の居場所がわかるかもしれないと考え、そのままメッセージを続けるよう蘭に指示。
「,」を使っている方が英理だとコナンが見破ったため、最初の助けを求めるメッセージが本物とわかり、小五郎は警察に連絡。

コナンは場所がわからないと言っていた英理は答えないと推理し、蘭は「そこから何か見えない?東都タワーとか、都庁の庁舎とか」とチャットで質問する。
英理の偽者だけが「都庁ビルは見えるけど東都タワーは見えない」と答えたため、小五郎はその逆の東都タワーが見える場所に英理はいると推理する。

コナンはチャットに「電話をかけて」と書いてと蘭に頼み、英理と電話で繋がると、午後5時の教会の鐘の音が聞こえたらスマホを爪で叩くよう英理に指示。
教会から鐘の音が英理に聞こえるまで3秒かかったことから、コナンは英理が事務所から1キロ先の東都タワーが見える場所にいると推理。
小五郎、蘭とともに救出に向かう。

スポンサーリンク

他方、蘭はコナンの推理力から、コナンはやはり新一ではないかと疑いをいだく・・。

感想

今回は妃先生の誘拐事件です。
廃ビルのドアが開かない時点で後編で蘭ちゃんの空手が炸裂するのではないかという期待をもたせます。
また、緊急事態のため、コナンもなりふり構わず英理救出に動きます。
そのため、蘭にコナン=新一ではないかと疑いをもたれてしまうところも見どころの1つでしょう。

後編

見どころ

・妃先生は無事救出されるのか?
・蘭ちゃんの空手は炸裂するのか?
・小五郎と妃先生の仲は?
・コナン=新一では?という蘭の疑いをコナンはごまかせるのか?

あらすじ

英理がいる場所を探すため、事務所から1キロ先にあり、東都タワーが見える増上寺にやってきた小五郎、蘭、コナン。

コナンは英理と電話を繋げ、音が聞こえたらスマホを爪で叩くよう英理に指示すると、ベルトから出したサッカーボールを蹴り、鐘に当てる。
鐘の音が英理に聞こえるまでの時間は約1秒だった。英理がいる場所を分禄町と須単町に絞り込むコナン。

一方、英理は自分のメッセージが男たちに筒抜けと知ると、暗号のようなメッセージを蘭に送る。
英理から届いたメッセージは「蟹は,生茹でだけどお陰で2匹のメカジキが美味しそう…今夜は,明るいから外で食べましょうか?」であった。
コナンはメッセージの内容を解読し、英理が須単町にいると推理する。

英理は蘭にしかわからない表現で自分がいる廃ビルの特徴を蘭に伝える。
その後、小五郎たちは英理が伝えた特徴の黄色がかったねずみ色のシャッターがある廃ビルを発見。
4階に隠れていた英理は窓から身を乗り出して声を上げ、自分がここにいる事をビル前にいる小五郎たちにアピールする。

その直後、英理は男たちに見つかりピンチに!
しかし、小五郎が颯爽と登場。犯人の1人を締め上げる。
また、残りの犯人グループも蘭の空手によりKO。
蘭はコナン=新一ではないかとコナンを問い詰めるが、(コナンが事前に録音していた)新一の声により、新一がコナンに指示を出していたということで納得。
なんとかピンチを免れたコナンであった。

感想

小五郎さんが久々に活躍する回。英理さんが絡むと名探偵になるところが小五郎のいいところですね。
そして、やはり蘭ねーちゃんの空手炸裂です。
漫画よりも犯人をKOするシーンが詳しくなっていたのは、嬉しかったです。

また、久々にコナン=新一では?と疑われてしまいましたが、先手を打って見事に対処したコナン君。でも、よく新一の声を録音する余裕あったね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする