名探偵コナン(漫画)狙われた女性警察官(第3話)(第4話)

狙われた女性警察官の第3話と第4話です。
アニメでは「標的は警視庁交通部」と同じ話になります。

前回までのおさらい

千葉と苗子のラブコメ会の予感がする今回の話ですが、事件としては交通部の女性警察官が殺害され、黒田管理官が「これは女性警察官連続殺人事件だ」と言ったところで終わりました。

名探偵コナン(漫画) 狙われた女性警察官(第1話)(第2話)

女性警察官連続殺人事件(第3話)

あらすじ

八木の遺体の前に集まる黒田管理官や目暮警部、白鳥、高木、千葉、佐藤
まずは周辺の聞き込みから捜査を開始しようとするところ、佐藤刑事が被害者の顔の向きに気づく。

ポアロの安室さんから情報を収集しようとするコナン。
黒田管理官はどこか(安室と思われる)に連絡

安室によると殺された女性警察官ともめていたのは容疑者と思われる3人
だが、重要な手掛かりは得られないようであった。
(なお、安室は赤井とのやりとりや工藤優作とのお茶会でコナン=新一ということを知ったようなふしがあるが詳細は不明)

名探偵コナン(アニメ)迷宮カクテル(前編)(中編)(後編)

その後、どこかに連絡する安室(黒田管理官のところだと思われる)

百崎、八木が殺された話を聞く由美と苗子

その後、由美は八木の遺体があったアパートに行くも、怪しい人影が・・・。
そして、まさかの由美が遺体のあった場所に倒れていた・・・

感想

由美さん、まぎらわしいっす(笑)。第4話に続く。

スポンサーリンク

駐禁の標識(第4話)

あらすじ

まさかの由美が・・・


佐藤刑事が泣いて由美に話しかけると寝てしまった由美が起き上がる。

由美は気づいたことがあるから遺体と同じ状態で倒れてみたとのこと・・・。
由美によると八木警部補が死ぬ間際に見ていたのは駐車禁止の道路標識とのこと。
同じく最初の被害者の百崎の向いていた方向にも駐車禁止の道路標識があった!

だが、容疑者の中に駐車禁止をしたものはいなかった。
また八木警部補が残した番号は7155と判明。

由美は苗子に7155という番号に心当たりがないかを確認。
その際苗子が由美と電話しているところを犯人に見られてしまう。

その後、ミニパトに戻ってきた由美に酔っ払いが絡んでくる
タイミングよく昴が登場し、酔っ払いを撃退。
(実は秀吉が赤井に由美を守るよう頼んでいたのであった)

昴(赤井):フン・・・とても警護が必要な女性には見えんがな・・・

百崎が襲われた公園でコナンと千葉があって、事件について情報交換。
コナンは千葉に送ってもらうことになるが、一方苗子は犯人と思われる人物に声を掛けられる。

千葉刑事に送ってもらう車の中でコナンは7155の意味に気づくもその時千葉に苗子からの電話が・・。

感想

苗子のピンチを千葉刑事は救えるのか?
そして安室はコナンの正体を知っているのか?

次回判明するのでしょうか。

また、さりげないシーンで赤井と羽田秀吉が連絡を取り合っている(秀吉は赤井が生きていることを知っている)ことが判明しました。
それ、結構重要じゃね?

名探偵コナン(漫画)狙われた女性警察官(第5話)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする